[記事公開日]2019/02/13

1日のスタートは前日の夜から〜はずみタスクのすすめ

スポンサーリンク

こんにちは!はみるのです。

昨日は朝からサクサク予定をこなすことができて、

「あれもやっちゃおう」
「気になってたこれもやっちゃえるんじゃない?」

と朝の勢いそのままで波にのり、いい感じに密度の濃い1日を送ることができました。いつもわりと行き当たりばったり、ドタバタしがちな私にはめずらしいこと。笑

そんな私がなぜ?ですが、これには実践してみて納得したコツがあります。

聞いたら全然何てことないんですが、みなさんにも嬉しがってシェアさせてくださいね☆

1日は前日の夜寝る前から始まっている

そのコツというのは、

夜寝る前に次の日のto doを 3つ以上書き出しておく

というもの。

実際に今日書き出していたto doはこんな感じ↓

めっちゃくちゃ細かいですよね。笑
LINEの返信まで入っています。

これくらい細かくて全然オーケー。
意外に忘れちゃうんです、メールやLINEの返信。(寝落ち中に入ってて、気付いたのが夜遅くなっちゃったやつとか)

あちゃーとなるのがいやなので、手帳に書き留めています。
寝かしつけ後に眠くて眠くて半分白目になりながらも書きました。笑

でも、このお布団が恋しいながらも後少しふんばる5分間で、次の日の始まりが全然変わるんですよね^^

to doの内容にはこだわらなくてもはずみがつけばOK

自転車もこぎ始めが一番しんどいですよね。
でも一度こぎ出してしまえば、すーっと進みます。

それと一緒の感じで、用意していた3つのタスク以外にもどんどん手をつけやすくなります。

これは以前にこちらの記事(付箋の使い方で主婦のごっちゃな毎日もスッキリ!【頭の雑音を掃除する「メモ化」】で紹介した本にも書いてあります。(こちらの本では5つとなっています)

反対に「うーんと、何しようかな…」といった感じで朝が始まると、私の場合けっこうむにゃむにゃパッとしない1日になりやすいですね^^;

もしかすると日によってあまりムラがない人もいるかもしれません。

でも、私と同じように面倒くさがりだったり、メンタルに1日のなりゆきが左右されてしまいがちな人には、前の日に3つ以上のタスクを書き出しておくのは、とってもオススメですよ^^

スポンサーリンク

 

小さなタスクを着実にこなせば頭もすっきり

何回も思いついては、後回しにしちゃうことってないですか?

例えばいらないのに処分せず置きっ放しになっているダイレクトメールやカタログとか、誰かへの予定確認・お礼メールとか。

一つ一つは小さなことでも、先延ばししては何回も「そういえばやらなきゃな」と思い出すのって、エネルギーを消耗しています。

住所氏名のところを破って捨てたり、LINEを打つのは取りかかってみると3分もかかりません。

たったそれだけのことなのに、一つこなすごとに本当にスッとします^^

簡単なのについつい後回しにしてる細かいこそ、朝一番3つのタスクに入れるといいですね♪

まとめ

そう言っている私も、事前にタスクを用意しておくのを余裕で忘れます。笑

なので、今は「寝る前に手帳つけ 明日のto do」を目標達成ノートのルーティンチェック表に書き込んでます。

○ついてないのを見て、そうだったと気づけるので。
夜に手帳を開けることすら忘れちゃったらダメなんですけどね^^;

でも前日夜に3つのタスクを書いておく恩恵を感じることができているので、夜の手帳つけが自然にできるように、もっと習慣化させていきたいと思います。

それではまた☆

to do リストの活用方法では、こちらの記事もおすすめです^^→家事のやる気が出ない時におすすめな手帳の使い方

スポンサーリンク

    

コメント

  1. あやママ より:

    こんにちは。だんだん春めいてきましたね。

    「1日の始まりは前夜から!」
    そうそう、そうなんですよね~以前所属していた友の会の先輩にも言われ、意識して行動していたことがあります。今は…前夜に全てが片付けられずに終わっていて、残り家事を早朝からやることもしばしば。なかなか全てスッキリとはいっていません(汗)。体調第一だったりしてね

    心身共にスッキリ健康な生活が送れるよう、今日からまたこころがけます。いつもの課題だけど、まずは仕事量とこだわりの見直しかな…。

    • はみるの より:

      >あやママさん

      こんにちは!
      日も長くなって、どんどん春が近づいている気がしますね。

      私も今は前夜からスタートと思っていますが、全然片付け終わらないことあります。笑

      でも、なんとなくじゃなく「よし、明日にまわすぞ」と、気の持ちようは変えているかもしれません。

      ほんとトレードオフの概念が必要というか、どこまでこだわる、ここは捨てるという線引きを、自分はもっとしないとなぁと思っています^^



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

※コメントは承認制になっていますので、すぐには反映されません

コメント内容にまちがいがないかご確認のうえ、投稿ボタンを押してください

ひとつ新しい記事→ ←ひとつ古い記事

こちらの記事も合わせてどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ