[記事公開日]2015/09/29
[最終更新日]2016/04/23

自分の姿を客観的に見たらビックリ!30代ママやのにめっちゃオバチャンやん!

スポンサーリンク

こんにちは、はみるのです。

衝撃的なタイトルでしょ。
自分でもそりゃもう衝撃でしたよ。笑

タイトルの通りなんですけど、自分の姿って客観的に見る機会ってあんまりないですよね。

毎日鏡を見ますが、それって今から鏡を見ると意識した自分です。
それはまぁ大丈夫なんです。(見慣れてる姿)

でも、人が撮ってくれた

「写真」「動画」

その中には、まったく意識が行き届いてないだらしない自分がいましたよ~!((´д`)) ぶるぶる

ライザップのビフォーにも引けを取らない猫背っぷり

「写真撮るよ~」と声がかかった後だったらまだマシです。

でも何気ない瞬間を撮ってくれた写真を見ると、私はひどい猫背であることが多いです。

腹筋も背筋も足りないんでしょうね。
腰の上にすっと上半身がのびているというより、上半身がボテっと落ち込んでいる方が筋肉のない体にはとっても楽な体勢なんです。

だから意識してない時はずーっと前かがみ。
お腹は前に出て、背中は丸まってます。

ライザップのビフォーの姿、大げさやわ~!って思ってたけどまんまアレです。笑 

まさか自ら大げさと思えるくらいの太って見える姿勢をとっていたなんて。もうCM見て笑ってられません。

ずーっとその姿勢を保ってるもんだから、いつしか前にボコっと出たお腹もFIXされてしまって…。

若いころは背筋を伸ばせば引っこんでたお腹も、今は完全に前で出たまま引っ込みきりません。がーん。

安定感のある母ゴリラのような歩き方

スポンサーリンク

 

あと、写真よりさらにショックを受けたのが自分が映っている動画です。

前から歩いてくる自分の歩き方が「のっそのっそ」としていて、ほんとやさしき母ゴリラのような下半身の安定ぶり。

決して若くはないけど、まだまだ私は30代のママー!!!
確実に老けすぎてるー!おばちゃんそのものー!!(>_<)

急に危機感を覚えましたね。
私、今までこんな姿をさらしていたのか、と。

気だけはそんなに歳とってない気がしてたのに、しっかり身のこなしは年齢をすすめておりました。((´д`)) ぶるぶる再

子育てしていると無意識に前かがみ&スローな動きになりがち

思えば産後すぐの授乳から猫背ライフは始まったのです。

だって赤ちゃんってめちゃくちゃ小さいから、授乳クッションの上にさらに座布団をはさんだりして。

わからないまま四苦八苦しながら前かがみになって毎度の授乳を頑張ってました。

「泣いてる子供を抱き上げる」「おむつを替える」 猫背、猫背のオンパレード。その時期は仕方がないような気もします。

そして、子供との生活は「ベビーカーを押して歩く」「子供と手をつないで、歩幅を合わせて歩く」、猫背なうえに、どうしても動きもゆっくりになります。

子供を中心にした生活で自然に慣れてしまった

「猫背」× 「ゆっくりな動き」

日々頑張って子育てした結果「おばちゃんぽい自分」を手に入れるなんて、あまりにも悲しい…!

(ただでさえ出産でお腹のたるみ、抜け毛、肌荒れなどなどマイナートラブル起こりがちなのにヒドイ…)

これは何とかしないわけにはいきません!

まわりから見える自分の姿を想像しながら生活する

10代、20代からしたら30代半ばなんて立派なおばちゃんと思うかもしれません。

でも、私はまだまだおばちゃんになる気は、
ありません…!(鼻息)

おしゃれだってしたいし、若作りしない程度にかわいらしいママでいたい。(いちおう謙虚でしょ)

なので、いま一度取り戻さねばならないのは、
まわりから見える自分の姿を想像しながら生活すること

思えば、自分がまだ働いていた頃。
服飾雑貨のお店で働いていたので、店内のいたるところに鏡がありました。

そこを通りかかる時は、お腹をきゅっと引っ込めて一瞬横から見える自分の姿をチェックしたものです。
それでちゃんと身も心もひきしまってたんですね。

お客様との接客中だって適度に緊張感をもって応対してたし。

そのよい意味での緊張感が今まったくなくなってしまってるということ!やばいです。

これからはとりあえず、全身鏡をマメに見るようする…!

そして家にいる時も、もちろん外に出ている時でも、自分はどのように見えているかを意識したいと思います。

あっ、実際見られてるかどうかは問題じゃないんです。
外から自分を見る視点を持つということですね。

ソファにぐだぁ~っと持たれて、口半開きでスマホなんか見てたらいかんですね!(してたんかい)

雑誌や、テレビを見る時でもしっかりソファに深く腰かけて、軽く背筋を伸ばして優雅に?見る。

子供に合わせてゆっくり歩く時も、「母ゴリラになっていないか」を意識!(←ここテストに出るよ!)

きれいな歩き方を意識する。
きれいな歩き方

(参考:http://bihadahanako.info/category16/entry81.html)

ショックだったけど、今の時点で気付くことができてよかったと思おう!

みなさんもウィンドウにうつる自分の歩き姿、ちょっとチェックしてみてくださいませ。ちょっと驚くかもしれませんよ~((´д`)) ぶるぶる再々

それではまた!

スポンサーリンク

    

コメント

  1. ここなつ より:

    わかります〜!!!
    私もいつしか「まるくおおきなせなか」の “おかあちゃん” になってます〜〜。
    意識って大事ですよね。
    主人の友人の言葉ですが「太るひとの意味がわからん」とのこと。彼は常にお腹に力を入れているらしいです。もう身についているんでしょうね。頑張ってるとかいう意識もなく。
    お腹に力入れて生活しているのになぜ太るのか・・・と。
    みんなおなかだら〜んとして生活してるんだよ〜〜〜、というのが信じられない表情。どうやって育ってきたんだ・・・。確かに彼は40代前半ですが、酒飲みメンバーなのにおなかは出てません。

    意識がいつか無意識になるまで、ちゃんとしなきゃーー。

    私の母ぐらいの年齢のひとでも「若々しい!」て感じるのはやっぱり背筋の伸びてるひと!

    私は40代前半ですが、素敵な50歳を目指して奮闘したいと思います。まずは母ゴリラ(←ウケました)脱出しましょう〜

    • はみるの より:

      ここなつさん、こんばんは!

      「太るひとの意味がわからん」
      グサーーーーーとささりますね!笑

      うちの夫は長年やせてたんですけど(最近、おなかだけ立派…笑)
      「え?食べんかったらやせるやん」

      えぇ、その通りですとしか言えん…!笑

      ダイエットうんぬんより、やはりもっと他のいろんなものが合わさったものが「若々しさ」なんでしょうね。
      身のこなし「母ゴリラ」にならないように(←もはやお気に入り)、人への気づかいもさらりとできるように。

      お互い素敵ママの身のこなしを頑張りましょ~ね☆



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ