お家づくり

トイレの壁紙って撥水や消臭効果があった方がいいの?プロに聞いた話

トイレ 壁紙 撥水

こんにちは、はみるのです。

築20年超えの中古住宅をリフォームしてのマイホーム。

しばらくトイレ関連の記録が続いております^^

リビング横のトイレの小物たちについては、一通りご紹介し終わりました。

さて、今日はトイレの壁紙選びについて。主に機能面の話です。

 

トイレの壁紙なんにしよかな♪ーってカタログをパラパラめくって、「うわ!これめっちゃ好き!」と一目惚れしたクロスがあったんですけど、

撥水や消臭などの機能が何もない。

トイレの壁紙って絶対汚れるし、拭き掃除も満足にできなかったらだめだよね…。

いくら好みでも、やっぱりトイレはトイレに適した「撥水」や「防臭」の機能をもった壁紙を選んだ方がいいよなぁって思って、

壁紙の打ち合わせのときには、自分の第一候補とは別の機能つきクロスを選んでいってたんです。

でも、素人考えで決めるのはよくない!(トイレの収納棚のときと同じく 笑)と、リフォーム担当さんと壁紙屋さんに聞いてみました。
結論は、

トイレは好みの壁紙を選んで問題なし

でした^^

今では毎日、お気に入りの壁紙を眺められてトイレが快適です♪

くわしい理由などプロに聞いた話を、今回は書きますね。

これからトイレの壁紙えらぶぞーって方は、参考にしてみてください^^

トイレの壁紙は撥水機能となってなくても拭ける

冒頭でも書いたように、壁紙打ち合わせの日に私が決めていった壁紙は、

一番じぶんが貼りたいクロスじゃなかったんです。

「本当はこっちがよかったんですけど、撥水機能がないやつであきらめたんですー。やっぱり拭き掃除したいんで。」

と言ったら、2人(リフォーム会社の担当さんと、壁紙屋のお兄さん)そろって

「え、全然大丈夫ですよ〜?」

と。

「ここ(カタログ)に載っているような一般的な壁紙は、ほぼビニールクロス

だから普通に拭き掃除してもらって大丈夫ですよ^^

「撥水」をあえてうたってなくても、その程度の撥水にはなってます。

機能性壁紙は、そこへさらに特殊なコーティングをしたりしてるんですけど、

まぁ、汚れや匂い防止といってもそれ自体を跳ね返すわけでもないし(笑)

消臭壁紙も、何も加工されてないクロスよりかは消臭機能がある、くらいに捉えてもらったらよいです。

用を足して次の人が入るまでに一気ににおいがなくなるって言ったら、逆にこわいですよね。すごい機能すぎて。笑」

た、たしかに…。笑

仮に消臭機能がすごくても汚れは平等につくわけだから、匂いのもとを掃除しないとその機能が効果を発揮するのにも限度はあるってことですよね。

うちは、一番優先が「拭き掃除したい」だったので、「撥水」機能がついてなくてもいいと聞いて安心しました^^

どうしても気になる人はパネル併用という手も

汚れがどうしても気になるって人は、腰くらいまでパネル(キッチンパネルみたいなツルっとしたの)にして、上を壁紙にすることもできますよ。

けっこうツヤッツヤしちゃいますけどね。笑

(たしかにタカラのショールームに行ったときの、ALLホーローのトイレはインパクトすごかった!笑

掃除は絶対にしやすいけど、ツヤツヤ空間すぎる…と担当さんとちょっと微笑みあってしまった。笑)

トイレの壁紙は機能より好み優先。消耗品って考えたらいい。

そもそも完全防水のクロスはないから、やっぱり消耗品として10年程度で張り替えるものと考えてもらって、

自分の今、思いっきり好みな壁紙を選んだ方が満足できると思いますよ。

好みのものをあきらめてまで、機能性クロスにこだわる必要は全然ないですね。

最後、2つのものでどうしても迷ったときとかに参考にする程度と考えてもらえれば^^

私は何となく、壁紙を貼ったら一生そのままなイメージでいました。そんなわけないのに。

普通に考えて、貼れるものならはがせるし、張り替えられますよね。

しかも、そこまで高価なものでもないですし。(ソファや、ダイニングセットを買い換える方が高かったり)

マメに掃除してても、長年住んでると少しずつ汚れや痛みは蓄積するもの。

だから「これに決めたらずっとこれと添い遂げなければいけない!」とは思わず、

消耗品ととらえて好みの壁紙を気軽に選べばいいと言ってました。

というわけで、最初にビビ!っときた通りの壁紙をチョイスしました。

アート風なアクセントクロス【シンコール BB1799】は、撥水、防臭などの機能はなく、「防カビ」のみです。^^

トイレの壁紙の消臭効果ってどれくらいあるの?

トイレの壁紙を消臭機能つきにしたという友人に聞いたら、

効果はよくわからん。掃除さぼると普通に臭い。笑

結局は掃除しないと、臭いを発する元は存在しつづける(蓄積し続ける)から普通のと大差ないかもなー。

いや、あるんかもしれんけど私はわからんかも。笑

と、言ってました。(担当さんが言ってたのと一緒)

壁紙も実質、しぶきが飛んでたら機能性壁紙であるかないかに関わらず掃除しないと気持ち悪いですもんね。。

一般的な壁紙が、ビニールクロスで普通に水拭きできるものならそれで十分なのかなと。

結論:トイレは好みの壁紙をあきらめてまで機能にこだわらなくてもいい

プロからのアドバイスで、我が家のトイレは私が一目ぼれした壁紙に決定しました。

自己満足ですが、毎日「好きだな〜♪」とトイレに入るたびにいい気分になってます。

今回はトイレの壁紙についてでしたが、リビングなどのベース壁紙となるとまた話は違ってきます。

家具がすれたり、子どもが物をぶつけたりしますから、「タフ」や「強化タイプ」などの機能を選んだ方が、もちが全然違うとか。

また我が家が選んだベース壁紙についても、おいおい書こうと思ってます。

それではまた!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。