[記事公開日]2016/01/26

体重減った!それって本当にダイエット成功?30代になったら痩せ方にも注意が必要

スポンサーリンク

こんばんは、はみるのです。

突然ですが、冬ってなんだかおいしいもの多くないですか?

…とかいって、結局いろんな理由にかこつけて、年中そう思ってますが。笑

相変わらず、中途半端な万年ダイエッターなわたくしでありますが、最近ダイエットについて少し気持ちの変化がありました。

体重計

減った!って実際に落ちたのはどこでしょう

コラムか何かで見たんです。

「ある年齢を超えたら、ちょっとふっくらしてるくらいがいい感じだったりする」って。

それで、私「あ!」って思ったんですよね。

私は毎朝体重計に乗って、減った!増えた~…って数字に一喜一憂してるんですけど、それってどうなんだろう?

考えてみたら、私は顔とデコルテが痩せやすいんです。

そして腕が細い。
あっ、二の腕は除いて、ひじから先がです^^;

体重だけ見て、「減ったー!」って喜んでたけど、それは胸やデコルテなど上の方が落ちただけかもしれない?!

鏡見ても思うんですよねぇ。
頬と首のラインとか、ほっそりしてきたなって。

それって、喜ぶべきことっていうよりかは、もろ年齢な感じがします。

アプリで試しに出してみた、私の体型。

↓これ

自分の体型 アプリ

MyStyle☆Note 女性のための体型診断アプリ

MyStyle☆Note 女性のための体型診断アプリ
開発元:KIMIKO INOUE
無料
posted with アプリーチ

ガーン( ̄▽ ̄;)

美容体重に遠くないはずなのに、現実つきつけられました…。

頬骨や鎖骨だけが目立って、二の腕や、下半身はデブっとしてるという中年体型へと着々と歩みをすすめてます。

歳をとって見えるのは体型のせいだけではありません→自分の姿を客観的に見たらビックリ!30代ママやのにめっちゃオバチャンやん!

全身バランスよくきれいになってる時とは、確実に違うちょっと枯れた感じにもなりかねない、上半身痩せはちょっとまずいぞ?と初めて思ったわけであります。

いったん適正体重と認めてみる

私の体重は、増えたり減ったりしてるけど、平均をとるとずーーーっと同じところをウロウロ。

それって結局これが適正体重ってことなのかなぁ?

決して美容体重ではないけど、私の体にとってとりあえずはそれが心地よい体重なんでしょうね。

絶対この体重のままではいけないはずだ!

そんな思いが常にあって、体のラインよりいつも数値ばかりを気にしてきました。

でも、一度今の体重はそのままで認めて、数値からいったんはなれてみようかな、と。

痩せてどうなりたいのか

ダイエットの目的っていろいろあります。

私の場合だと

・好きな服をかわいく着たい
・体を軽やかに感じたい

という感じです。

ざっくりまとめると

毎日をより楽しくするために、痩せたいんですよね。

それなのに自分にルールを作っては、守れずに自己嫌悪。

楽しく心地よく、自分を好きになるためのダイエットなのに、数値ばかりを気にするせいで自分を好きでいられない時間が増えてしまうというよくないスパイラル。

あくまで私の場合です。
数値でオリャー!と燃えて、ちゃんと達成できる人はそれでもちろん素晴らしい!

根性が足りず、自己嫌悪に陥ってばかりの私。
一度、体のラインにだけにフォーカスしてみることにしようと思いました。

スポンサーリンク

 

数字よりも体の声をきく

数字ばかりを気にしてると、食事の摂り方も頭でっかちになってしまいます。

そこまで食べたくなくても、「食事の時間が空きすぎたら、次食べた時に余計にため込むっていうし…」と思って食べたり、本当に食べたいと思っているお菓子があるのに、カロリー表示を見比べて妥協したり。

「お腹がすいた」
「一番食べたいのはこれ」

この感覚や、欲求を無視することが多くなってしまってたんですよね。

しかし、太ると思って食べたら、本当に太る。

これは、研究ですでに証明されているというのは、よく聞く話です。

太ると思って食べた人と、そうでない人とは、同じもの食べても結果が違ってくる。

それって恐ろしいですよね…。

なので、あれこれ細かいことは気にせず、

「お腹がすいた」
「一番食べたいのはこれ」

という欲求にしたがうように意識することに!

すると、夜ごはんに抜かなくちゃと思っていた炭水化物を少し食べたり、本おやつを食べたところで、執着しなければ、そのせいで太るということは不思議とないですよね。

今までごはんがあるとおいしいおかずでも夜は無理やり抜いたり、たった数十キロカロリーの違いで一番食べたいおやつをあきらめてたのはいったい何だったんだろう?って。笑

ありたい心の状態を大切にしてダイエットへつなげる

すべては自分の心が気持ちよくあるために。

やせるおかずも、決して「~べき」ではなく心も含めてそう望んだ時に活用☆

ダイエットのために限らずおいしいから献立に取り入れたい糖質オフおかずについてはこちら→50代に1年で26キロやせた柳澤英子さんの『やせるおかず 作りおき』話題のマリネレシピも盛りだくさんで私でも糖質オフダイエットができそう☆

食べたいものを、食べたい時に食べる!
体がすっきりしないなあと思ったら、気持ちよくなるために筋トレしたり、ストレッチしたりする。

それが数値につながらなくったっていい。
そう思ったら、それだけでもなんだか気分が軽くなります☆

結果、体重が変わらなかったとしても、

体が心地よく変わって、心にしっくりくる

それが、私にとって本当のダイエット成功だなぁと思います。

そしてそれは一生続く楽しいこと、心地いいことになってほしいなぁ。

まだまだ、意識は発展途上段階!
ゆるりとやっていきます~♪

それではまた。

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ