[記事公開日]2019/06/16
[最終更新日]2019/06/20

リビングで寝てしまう夫にイライラ・・・してたこともあったなぁ

スポンサーリンク

こんばんは!はみるのです。

今日の京都は雨だと聞いていたのに、結局降ったのは夕方から。
雨の日だと思い込んで、ムダに娘たちと閉じこもってしまった1日でした。(エンドレスごっこ遊び…)

さて、今日の話。

旦那さんがリビングで寝てしまうことが多くて困っている、という方はいますか?

私も以前はめちゃくちゃ困ってたんですよね。
というか、「もーーーー!」とイライラしまくってました。

でも、最近では夫がソファで寝てしまっていても、「じゃあおやすみ〜」と言って先に寝ちゃいます。

なんなら「おやすみ」さえ言わず、寝室へ行ったりします。笑

非常な妻だと思いますか?
私もそう思ってました。

でも、夫婦円満なんですよね^^

とはいっても、あんなにイライラしてた自分が、ある日突然イライラしなくなったというわけではないんです。

スポンサーリンク

夫を見張りまくっていた日々

私も以前は、夫がリビングで寝落ちしてしまうのにすごーーく困っていました。(注:写真は素材サイトのものです)

自分はもう寝たいのに、夫のことが気になって気になって何度も声かけて起こそうとして。

でも、疲れている夫は「あーうん…」と生返事を繰り返すだけで、またすぐ寝てしまいます。

「風邪引いちゃうやん!」
「疲れとれへんよー?!」

と何度も何度もくり返して。

しまいにはイライラしすぎて怒りすぎて、本当に自分が彼のことを心配してるのかもよくわからなくなったり。笑

なんとかヨロヨロ歩かせて寝室まで連れていって寝かせた時には、自分の気力がつきはててる感じでした。

で、

「私がこんなにいやだと言っているのに、なぜ変えてくれないんだろう?」
「私の言うことを真剣に聞かなくていいと思ってるんじゃないのか?」

と夫への不信感がムクムク膨れ上がって、毎日じゅくじゅく、じゅくじゅく。

こんな時は、怨み節な自分のことも嫌いになってしまってたんですよね。

サレンダードワイフを実践 納得しないままでもとりあえず口をつぐんでみた

夫婦関係に息苦しさを感じていて(険悪なムードとかではまったくなく、自分自身のあり方について)、サレンダード・ワイフ 賢い女は男を立てる という本に出会いました。

check>>『賢い女は男を立てる』を実践 口出ししないのってほんっとーに難しい!

↑こちらの記事にも書いてるんですが、その本に書かれている「よくない例」に自分があてはまりまくっていて。笑

それは「男性から見て悪い」と意味ではなく、結局は「女性の幸せ」のためにならないというもの。

要は、『何かコントロールしようと口出ししたことで、事態が好転したことはありましたか?」ということで、私の場合「あっ…、ないわ…」とすごく腑に落ちたんですよね。

だからといって、すぐ口に出さないようになれるほど簡単なものではないですが^^;。

でも、意識するのとしないのだけでも、以前よりかは絶対によくなるはず!という予感があったんです。

なので、できるだけ口出しするのを少なくしてみました。

その中のひとつが、【リビングで寝落ちしているのをほっておく】ということだったんです。

もちろんちょっと寒い日は何かかけてあげたり、無理な体勢になっている時は枕になるものに頭のっけたりくらいはしましたが、基本ほったらかしです。

最初はめちゃくちゃざわざわしました。
妻としてこれでいいの?やさしさが足りなくない?って。

ところが、びっくりするほど何もなかったんですよ。
寝室で寝かせようとすることをやめたことで何にも。笑

拍子抜けしちゃいましたね、ただの一人相撲だったんだーって。笑

電気やエアコンをつけっぱなしで寝てるのも、何も言わないようぐっと我慢してスルーし続けました。

スポンサーリンク

風邪をひくのも疲れがとれないのも、ぜんぶ本人の自由

やがて、スルーすることに私も慣れていきました。

で、最近では「先寝るね。おやすみ〜」なわけです。笑

夫も

「あっち(寝室)で寝なよ、ほらほら頑張って起きて」

って言われたら、行動するまでセットじゃないと答えたことにならないから、そりゃおっくうですよね。(おまけに寝ぼけているし)

でも、あいさつだけだったら「おやすみ〜」の一言で済みます。
だから「自分は責められてる。行動を求められてる。」って思うこともなく、「おやすみ〜」とやさしい声で返してくれるんですね。

なんなら「1日お疲れ様」といったお互いを労う空気まで流れてます。笑

こうなってみたら、あそこまでガミガミイライラして夫を寝室へ行かそうと思っていたのが、めちゃくちゃ滑稽なことに思えます。

だって、

あんなに問題だったものが、まったく問題とは思えなくなってる。
というか問題だと思っていたことも忘れていた。

という不思議現象。笑

というか、自分が布団以外で寝落ちしたせいで風邪引くのも、せっかくの睡眠時間に体がちゃんと休まらないのも、ぜんぶ夫の自由ですよね。

大人なのにどこまでコントロールしようとしていたのか…。
てか、リビングで寝たせいで風邪ひいたとか今のとこ全然ありません!笑

なんならガミガミ言ってる&言われてるストレスの方が、よっぽど健康に害をおよぼしそう…。笑

夫も途中から(かなり遅いときも)自分で寝室に来て寝ているし、体痛いまま仕事へ行くことになったとして、「やっぱり布団で寝ないとなー」って反省するのもまた夫の自由ですよね。

これだけじゃなく、他のあらゆることも自分が問題視しなかったら問題にならないんだなーって思うことが、最近よくあります。

問題を掘り起こすクセは根強くもってきた自信があるので、今リハビリ中といった感じです^^

浮いた余力は別のことに使おう^^

サレンダードワイフをゆるく実践することで、なかなか夫婦円満で過ごせているなと思います。

あっ、もちろん100%ではないですよ。
夫と私は正反対なところがあるので、マイペースぶりに「ムキー!!」となることはあります。

そういう時でも、まーお互いさまだよなってできるだけ思い出すように心がけて。
だって、もう一人こんなせかせかした私みたいなのいたら絶対にしんどい…!勘弁してもらいたい。笑

まぁ、今回の話は「だって光熱費もったいなくない?」というデメリットもありますよね。

私は夫に家計をまかせる(といっても生活費以外)ようになったから、そのあたり「つけっぱなしにすると自分(夫)にしわ寄せがくる」と割り切れるから、成り立つ部分のあるかもしれません。笑

ムダに心のエネルギーを消耗してしまってた分を自分がしたいことに使うことで、また夫に対して余裕のある気持ちで向き合えるようになる。

ってことで、結果いい空気になっていってます。

損するように見えて、結果ちゃんと女性にとってもよくなる

サレンダードワイフ、奥が深い。。。
また改めて読み返してみようかなと思います。

夫婦関係が深刻ではないけど、ちょいちょいなんだかなーとモヤンモヤンするという人は、あえて一度口をつぐむチャレンジをしてみては?

思わぬ突破口になるかもしれません。^^

それではまた!


こちらの記事もよく読まれています

自分が家計のぜんぶを管理することは、今までもこれからも当たり前って思ってました。
まさか手放すなんて…不安で仕方なかったです。

でも、いざ手放してみたら?
やっぱり私の方がうまいけど、お小遣いをあげるという概念、一人だけで家計をシビアに考えるということから解き放たれた今の方が、やっぱり断然いいです^^

check>>サレンダードワイフを実践 家計を旦那さんにまかせたらどうなった?

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

※コメントは承認制になっていますので、すぐには反映されません

コメント内容にまちがいがないかご確認のうえ、投稿ボタンを押してください


こちらの記事も合わせてどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ