[記事公開日]2016/05/17

雨でも傘がさせない自転車/おすすめは顔まわりの視界すっきり☆おしゃれなレインハット

スポンサーリンク

こんにちは!はみるのです。

昨日、沖縄が梅雨入りしたそうですね。

今年は「梅雨らしい梅雨」になるという予報。
大切な恵みの雨ですが、しっかり備えもしなきゃいけませんね!

先日は、使っているレインコートについて熱く語りました。→【東レ/エントラントレインコート】幼稚園・保育園へ自転車で送り迎えするママにおすすめ☆これで雨の日でも大丈夫!

今日は、その脇を固めるアイテム。

レインハットと、レインブーツをご紹介しますね♪

最初に買ったレインバイザーで失敗

入園前に買ったレインバイザー。(関連記事→おすすめ入園グッズ*あれこれ選んでる時が一番楽しい(お名前シール・レイングッズ・お弁当箱)

モノ自体は悪くないんですが、残念ながら自分のレインコートとの相性は×でした。

東レ エントラントレインコートはフードが深くないので、レインバイザーとフードの間が空いてしまって、前髪のつけ根あたりが濡れてしまうんですよね…。

レインバイザーの商品使用例、決して嘘は書いてません。

↓ホラ、前髪のところ空いてるでしょ。笑

レインバイザー

まさに、ここが濡れちゃうんです。

顔が濡れるのは、ちゃんと防いでくれる!
せっかく買ったレインバイザーだし、これだけでいきたいところだったんですが…。

私くせ毛なもんで、前髪濡れたらチリチうねうねしちゃうのが、めーーーーーっちゃ嫌っ!

たとえ顔が濡れなくても、屋内に入った後に気分が憂鬱になってしまう(´Д`)

というわけで、思い切ってレインハットを買い足すことにしました。

キャンプやフェスにもおしゃれ♪撥水と防汚に優れたレインハット

次に、購入したのはこれ↓

当ブログに何度か登場している、優れた育児グッズをいろいろ教えてくれる義姉が使っているものです^^

なぜ最初から買わなかったかというと、レインバイザーとレインコートがあれば、完璧に口元まで雨を防げると思ったからなんですよね~。

まさか「前髪のつけ根」という、地味なところで失敗するとは( ̄▽ ̄;)

デザイン

標準的なサファリハットで、円筒に少し長めのツバがついたデザイン。

質感はマットな感じです。

テフロンレインハット

私が買ったのは、ブラック×イエロー。

黒と黄色の組み合わせって、危険色だし、タイ○ース色だし…と心配していたんですけど、全然大丈夫でした☆

黄色といっても、からし色っぽい。
なので、黒でも奇抜すぎず、くらーい雨の日にはいい差し色になっていい感じ♪

お友達にも「いい♪」といってもらえました^^

帽子の外側にある赤いライン。

ショップの商品画像では、デザインで何かついてるのかな?と思ってましたが、差し色のメッシュだったんですね。

メッシュ部分は左右対称にあります。

テフロンサファリ レインハット

うしろには反射板と、径を調節する紐つき。

テフロンサファリ レインハット

脱げ防止

自転車で風がふいても飛んでいかないように、顎で留める紐がついてます。

自転車飛ばない レインハット

レインハット飛ばない紐

プラスチックのフックで、取り外し可能。

自転車 飛ばない紐

でも、この間めっちゃ強い風だった時、帽子は脱げなかったものの、あご下の紐で首が締まる感じでちょっと苦しかったです。ぐえΣ(゚Д゚;)って。笑

帽子が飛ばされそうになるのを、あご下の紐だけで防ごうとするとそうなっちゃいますよね。

そんなに浅くないんですけど、ツバの部分が広い分どうしても風の影響は受けやすいです。

レインハットも、UVカット用の帽子と同じく、自転車で帽子が飛ばないように加工をしようかな^^(→自転車に乗っても帽子が飛ばない方法を試してみました

持ち運びやすさ(携帯性)

折りたたむと、とってもコンパクト。

レインハット

なんだったら、もうひとつ折りたためそうな感じ。

なので、それくらいのやわらかさってこと。
もっと張りがほしい!という人には頼りなく感じるかも?

私はこの素材感でまったく困ってなくて、むしろこれくらいが、自転車のカバー付き前かごにキュキュっと常備しておけるので使いやすいです^^

レインハットのいいところ

前髪のつけ根(おでこ)が濡れるのに困って買ったレインハット。

いざ使ってみて一番いいなと思ったのは、

視界の広さ

自転車に乗ってると、後方確認ってしょっちゅうしますよね。

そんな時、私のレインコートのフードだと、フードの中で顔だけまわっちゃって視界が遮られちゃうんです。

東レエントラントレインコート

なので、いちいちちょっとフードを脱いで後方確認。
これが危ないし、面倒くさい。

それがレインハットだとこんな感じ☆

レインハット視界

○がついてるところがあくことで、後方確認の時も視界が良好~

私はレインコートのフードなしでレインハットをかぶるんですけど、レインハットのつばと、後ろに脱いだフードが首周りを守ってくれて濡れません☆

あっ、横なぐりの雨だったら横は濡れるかも?!

顔は濡れないのか?

えー、濡れます。笑

雨も風もそこまで強くなかったらそんなにドロドロに濡れるってことはないんですけど、風があるとやっぱり濡れますね。

これは「ハット」タイプの限界かなって思います。

どしゃ降り&風ありの日は、先ほど買って失敗したとあったレインバイザーの出番!

レインハットの中に、さらにバイザーを仕込むと完璧です!

って、ここまで重装備の人は見たことないですね。笑
単体では失敗しましたけど、使えるものは使いますよ~!

これはコーティング液をつけると、雫がつぶつぶになって飛んでいくんでしょうけど、残念ながら持ってないので見えにくくなったら手でぬぐいます。

車の窓に塗るやつって使えるんじゃないの?!と思ったら、そういうのはガラス専用で樹脂には塗れないらしいです…。

ま、十分見えるんですけどね^^;

スポンサーリンク

 

とにかく軽い!雨が降る前から気楽に履けるクロックスのレインブーツ

そして、足元はクロックスのレインブーツ

これも育児の先輩である義姉から教えてもらったものです^^。

サイズ

ショップの説明にも書いてありますが、表記サイズより大きめになってます。

私は普段24cmで、買ったサイズはW7(23cm)。
1cmも違うんですねぇ。

これで厚手の靴下も履ける感じですよ。

でも、ガバガバして歩きにくいと感じることもありません。

太さもあるので、デニムでもブーツインできます。
私は、ひざ丈のタイトスカートと合わせるのが好きです☆

デザイン

ザ・クロックスというフォルム。

私はもうちょっと足先が細い方が好みなんですけど、これくらい丸い方が蒸れにくくていいのかもしれませんね。

クロックスレインブーツ

ちょこんとついたワニのマークもかわいいです。

クロックスレインブーツ

質感はふくらはぎ部分がマット、下の方がほんのりツヤのある素材。
この切り替えとボタンが、のら仕事のゴム長靴に見えないポイントだと思います^^

とにかく軽い!やわらかい!

クロックスを買う前は、よくある普通のレインブーツのショート丈を持っていたんですが、その感覚で履いてみたらびっくりしました!

丈が長いクロックスの方が軽い…!

義姉がおすすめしてくれた理由が、ずばり「軽い」という点だったので、「これは本当だ~!」と納得しました。

雨の日ってただでさえ重苦しい雰囲気ですから、単純に足元軽いっていいと思いませんか?^^

そして、手でくしゅっと絞れるくらいにやわらかいです。

下駄箱でも折り曲げて入れることができます。
玄関の収納でも場所をとらなくていいですね。

雨の日は機能性プラス気分も上がるグッズを♪

娘の幼稚園送り迎えのために買ったレイングッズ。

もちろん「濡れない」ことが目的なんですけど、やっぱりそれだけじゃね…。3年も使うし!

一つ一つ機能性と自分の好みをすり合わせて選んだアイテムは、ちゃんと愛着を持てます。

そして、めっちゃ働き者!

どしゃ降りの日の信号待ちで、ふと思いました。

「あれ?雨の日に普通に自転車乗れてる…」

雨の日を快適に、楽しくしてくれるレイングッズ。
これからやってくる梅雨に、大活躍してくれることまちがいなしです☆

次回、自転車のチャイルドシート用のレインカバーをご紹介して、愛用レイングッズ関連は終わりにしたいと思います~。

それでは!

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ