[記事公開日]2015/07/22
[最終更新日]2017/10/17

【2歳の食トレ2】朝ごはんの内容見直しと『好き嫌いをなくす幼児食』レシピ

スポンサーリンク

こんにちは、はみるのです。

今朝も3時50分でした。
娘の体内時計が超安定…。笑

毎朝の風景。

明け方

真っ暗です。

こうやってわざとレースカーテンまで開けておいて、朝ごはんを食べながら空の色の移り変わりを2人で楽しみます。笑

さて、今日も食トレ報告です!

食トレはじまりの記事はこちら→2歳の子供がやっぱりごはんを食べない!原因はこんなところにあるのかも?

朝ごはんを甘いパンよりまず食事パンに変えてみました

1歳までは朝ごはんの内容にもかなり気を使っていました。

・パン
・野菜入りオムレツor野菜スープ
・果物
・牛乳
・ヨーグルト(ない時もあり)

とまぁ、こんな感じでした。

2歳になった頃から好き嫌いが出てきて、果物もバナナやキウイなど手軽に手に入るもの(ここポイント!)を出しても食べなくなってしまいました。

メロンや桃、ぶどうだったら食べるけど値段も手間も毎朝はきつい。
そのため、割り切って今は基本朝はフルーツなし!(間食などに)

なので、今は

・パン
・グラノーラ入りヨーグルト
・牛乳
・乳酸菌飲料(ヤクルトみたいなの)

です!

どう見ても乳製品過多…!笑
でも大好きなんです。

牛乳とヨーグルトはかなり少なめにしてます。(まぁ全体的に少ないんですが)

娘はパンが大好きなので、おにぎりを出したら落胆します。
なので朝はパンがお決まり。

しかも甘いパンが大好き。

そりゃぁ、子供の好きに合わせてたらたいてい甘い方へ傾いていきますよね。
いちおう薄くは塗るようにしているものの、バターではなくジャム、しかも最近ピーナッツバターでした…!(甘っ!)

これはおやつ的なものをごはんにしてもいいってことになってしまってる状況!

せっかく食トレを始めたことだし、試しにバターロールでハム卵サンドを作って出してみました。

「ピーツパッター(ピーナッツバター)がいいー!」
と、案の定はじめ猛抵抗。

私も根気よく応戦する気で、
「甘いパンおいしいから食べたいよねぇ。でももっと元気モリモリになれるの今日は食べてみよう!○○ちゃんの大好きな卵とハムが入ってるよ~」

すると、

「ハ…ム?」

と食いつき。笑

朝のパン

ちゃんと食べてもらえました☆
一度食べたら、ちゃんと「おいしい!」という感想も。

私としてもただ糖分と炭水化物だけを与えるよりも、ちょこっとでもたんぱく質が入っていると気分が違います。(それがハムだとしても…!笑)

それをほとんど食べ切れたら、ほんの少しだけ甘いパンも足して。(これはまぁ大人も嬉しかったりするもんね)

とにかく「ごねたら甘いものが食べられる」という状況を少しでも変えていけたらと思います。

スポンサーリンク

 

大人より子供優先!「好き嫌いをなくす幼児食」のレシピ

まだ娘が偏食でも少食でもなかった1歳の頃。

離乳食から完了食になり、

・親と同じメニューで子供が喜ぶ
・別に作らなくていいのでごはん作りが楽になる
・幼児の体にやさしい薄味

という目的で、『好き嫌いをなくす幼児食』という本を買いました。

こちらの本は、大人2人と幼児1人が目安のレシピ。

でも、夫は大食いでこれでは足りない。
そして子供は特に好き嫌いなく食べる。

ということで、いつの間にか自分で分量を足したりすることが面倒になって、だんだんと普通のごはんを作るようになり本の出番はなくなって…。

今回、食トレをしようと決意し、久しぶりに「あっ!」っとこの本の存在を思い出しました。

間食やテレビが食事に大きく影響しているとしても、他にもいろいろ考えてみる、試してみるチャンスなんじゃないか?

まずはできることは何でもやってみる!

少なければ夫用にもう一品用意すればいい、味が薄ければ後から調味料を足せばいいかということにして、まずは娘を優先してできそうなメニューから作ってみることに。

試してみたのは、

魚のチーズフライ

今日使ったのはタラ。
身の固いタラのような白身魚でも、フライにすると適度に油がまわるので食べやすくなる。粉チーズを混ぜたパン粉を衣に。

さやえんどうのソテー

下ゆで後、大人はバターと塩で炒めるだけでいいところを、さらに湯とブイヨンを少量足し蒸し煮にして味をしみ込ませる。

大豆とひじきの煮物

通常より薄味。
幼児にとって噛み切りにくい油揚げを5ミリ角くらいに小さく切る。(他、にんじん、ひじきは8ミリ角くらい)

食トレごはん

「好き嫌いをなくす」と本のタイトルにつけてるけど本当に?
と半信半疑でした。

でも!

本当に食べました~!

本に載ってるレシピが全部そうだとはさすがにないかもしれませんが、まず3品作って3品とも当たりって確率的には十分じゃないですか?すごーい!

最近の娘は、とにかく緑色してるだけでちょっと警戒。(ピーマン・きゅうり以外)
でも、おそるおそる一口食べてみたら、「おいしい!」と言って箸が止まらない…!

野菜でお腹がふくれたのか、ごはんと魚は残りました。
完食にはいたらなかったけどここまで一品は食べきった~!(しかも緑の野菜!)

ごはん完食

何よりお皿を抱え込んで夢中に食べてるところを見られるなんて…!昨日に引き続いての感動でした♪

食トレは(←って勝手に名前つけてるけど)、子供だけでなく親にとっても日々心地よく暮らすために大事なことなんだなぁと改めて感じました。笑顔が多くなるのはステキなことだ!

支援スペースの先生の、

「子供の成長は階段を上ったり下りたりだから、焦らないで」

の言葉を忘れずに、ゆったりとかまえてやっていこう。(と、毎日自分に言い聞かせる!笑)

それではまた~。

幼児食レシピが好感触なのでさらに子供に歩み寄ってみる→【2歳の食トレ3】子供に大人が合わせて同じごはんを楽しく食べる

スポンサーリンク

    

コメント

  1. ここなつ より:

    こんにちわ!ブログのお引っ越しお疲れ様です。
    コメントの文字が大きくなってるので、なんとなく恥ずかしいような・・・緊張するような・・・笑

    うちの「好き嫌いをなくす幼児食」の本、またまた眠っていました。
    ほんと、はみるのさんのおかげで無駄遣いだと思っていたものが次々と日の目を見ております。恩人。

    うちの娘も自分の意思表示が出来るようになった頃から、好き嫌いが増え、野菜はほとんど食べてくれません。
    見るだけで「あーこれ、いらん。4歳なったら食べるわ」が口癖。(このたび4歳なったんですけど)
    ハンバーグ、カレー、お好み焼きに入れればなんとか食べてくれるんですが。しかも揚げ物大好き・・・

    こちらもそれに慣れて「さやえんどう?食べへんやろ。」と決めてかかってしまい、作る努力さえしなかった・・。

    今回のはみるのさんの記事を読んで、早速作りたい気持ちがメキメキと湧いてきました!
    ありがとうございます。
    やっぱり何でも食べてくれると、小躍りしたくなるくらいうれしいですよね。

    めでたく今月4歳になったので、いろいろ挑戦してみます。

    ではでは、これからもたびたびコメントさせて頂きますね。

    • hamiruno より:

      ここなつさん、こんにちは!
      こちらの方も見に来てくださって嬉しいです☆

      それにしても、ここなつさん!なんと本まで!
      どこまで私たち同じものを持ってるのか!笑
      よっぽど感覚、視点が似てるんでしょうね。嬉しいです^^

      はっきり言われるようになるとなおへこむし、怒りたくなってしまったりしますよねぇ。
      食べへんやろって決めてかかります、かかります。笑 母さんだって人間だから傷つくの回避したいです。笑

      私は一人だったらどこまででも手を抜いたり、あきらめたりしそうなんですけど、みなさんにブログでお披露目することで普段より頑張れる気がします!

      少し先を行く4歳のお子さんがいるここなつさん、これからもここで交流できること楽しみにしてますね♪



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ