[記事公開日]2019/09/10
[最終更新日]2019/09/16

前乗せチャイルドシートにつけっぱなしOKのレインカバー 、コクーンルームでもすっぽり使い勝手抜群♪

ヤマハ コクーンルーム レインカバー

こんにちは!はみるのです。

先日は我が家にやってきた電動自転車のレビューでしたが(→YAMAHAでついに電動自転車デビュー。子供乗ってる?と不安になるほどの快適さに感動…)、

この自転車の前乗せチャイルドシート「コクーンルーム」が、とっても特殊な形をしてるんですよね。

あんまりいい例えではないですが、クワガタやカブトムシのおしりみたいというか。少し前へせり出した形状なんです。

これがとっても曲者で、

なかなか合うレインカバーがない!!

なんなら、「純正を買うべき」となかば決められているような雰囲気…。

でも、純正カバーはどうしても私の求める使い勝手にはそぐわないので、絶対に買うまい…とかなりしぶとく探したんですよね。

すると、見つけました!! 

コクーンルームすっぽり、かつ使い勝手がいいもの☆

取り付けの写真もふんだんに入れながら、レビューしますね^^

私の求める条件を満たしたヤマハ コクーンルーム対応のレインカバー

今回見つけた、純正以外のコクーンルーム対応レインカバーはこちらです。

私はアマゾンprimeユーザーでもあるんですが、こちらのレインカバーは【楽天】が最安でした^^

ヤマハのコクーンルームに対応

ヤマハパスキスミニアンの前乗せシート「コクーンルーム」は、前へせり出した特殊な形。

「せっかくレインカバーを買ったのに、入らなかった…」という残念な口コミもちらほら見ていました。

でも、こちらのレインカバーはコクーンルームでもバッチリ対応です!

特に苦労もせず、スムーズに取り付けることができました。

86センチの次女を雨の日に乗せたい

単なるチャイルドシートカバーではなく、実際に子供を雨の日に乗せるのが使用目的。

まだ電動自転車じゃない時に別の前乗せ用レインカバー買ったんですけど、レインカバーをかぶせてジッパーを下ろした時に、あまりにもキュウキュウに苦しそうで失敗でした^^;

なので、頭上にくる部分を高く調整できるこちらのカバーが目に止まったんです。

次女も前の自転車につけてたレインカバーは狭すぎて「うぎゃー」と中からバンバン押して嫌がってましたが、このレインカバーを雨の日はじめて使った時には「ふんふん♪」と鼻歌まで歌っていましたよ^^

仮の荷物入れにもしたい

例えばドラックストアでおむつや洗剤を買って、そのままスーパーへはしごする時。

荷物を自転車に置いておけると、助かりますよね。

ですが純正カバーだと、いちいち取り外さないといけないので、仮の荷物置きとしては使えないんですよね。

こちらのレインカバーは、ただのカゴよりおむつや脱いだヘルメットなどいろいろ入るし、蓋をジッパーで閉めることができるので、まわりから荷物が目立ちにくいのがいいです。

希望通りの用途がはたせています^^

ヤマハコクーンルーム対応レインカバー『maruto Dスタイル』の取り付け手順(写真つき)

こんな感じで届きました

注文して2日目に届きました。

コクーンルーム レインカバー

「頭上ひろびろ」が、一番の推しポイントですね^^

ヤマハ コクーンルーム レインカバー

雨の日だけでなく、冬のキンキンに寒い日にも子供を守ってくれそうです。

写真のグリーンもかわいいのですが、今回はモノトーンの自転車のイメージをくずさないようブラックを選びました♪

ヤマハ パスキスミニアン レインカバー

包装している袋にたくさんの情報が載っているのが、使用者に親切な感じがして好感がもてますね^^

コクーンルーム レインカバー

いざ取り付け!

まず高さを出すためのプレートをつける土台を、コクーンルームのヘッド部分にパッドに付属のテープを巻きつけて固定します。

↓両側に縦ラインでマジックテープがついているので、好きな高さで拡張プレートをつけられます。(MAX位置あり)

↓頭上のところにあるホックをパチンととめると、拡張プレートの両側が直角に曲がって固定されます。

↓縦ラインのマジックテープに、好きな高さで固定します。
 MAXより下めにつけました。(まだ成長すると思って)

↓次にレインカバー本体のサイドジッパーを全開にして、上からガバっとチャイルドシートにかぶせます。

↓ハンドル部分の口はマジックテープになっているので、開き具合を微調整できます。

↓きれいにリモコンつきハンドルだけが、見えるようにバッチリ口を閉められました^^

↓チャイルドシートの中から見るとこんな感じ。だいたい8センチくらい頭の上に余裕を作ることができました!

↓一度もつまずくことなく、簡単に装着完了でーす♪

↓レインカバーはつけっぱなしで使用するので、晴れている時はフタをスナップボタンで後ろに固定できます

サイドについているジッパーを使用するのは、雨の日だけにします!

というのも前に買ったレインカバーがジッパーで開け閉めするタイプで、すぐにビニール部分がやぶれてしまったので…。

長持ちさせるべく、晴れの日の開け閉めはマジックテープでペっと留めるだけにします。

↓こんな感じで、すっぽりきれいにダボつくことなくコクーンルームがきれいに収まりましたー^^

写真には撮り忘れましたが!

レインカバー 背面に風とおし用の横向きジッパーあり

少々の雨なら開けたまま走っても、中が濡れるようなことはなかったです。

同じく背面に小物が入れられるふたつきポケットあり

ちょっとしたものが入れられる、マジックテープなしのふたつきポケットがついてます。

前に使っていたレインカバーにもついてたんですが、それはふた部分にマジックテープがついてたんですよね。

それがめっちゃ曲者で!
ちょうど漕いだ時に足があたって、冬にはくタイツがすぐ電線したり毛羽立っちゃって困りました。

マジックテープついてないのが、めっちゃ嬉しいです^^

今は、サングラスとUVカットのロング手袋を入れてます。

check>>本当にひんやりしたよ、冷感UVカットロング手袋をレビュー

さいごに

こちらのレインカバーはコクーンルーム対応ということで消去法で選んだようなものでしたが、それを抜きにしてもめちゃくちゃ使い勝手がいいです。

毎回ジッパーを開けなくても、パッと開けてパッと閉めるがやりやすいのでストレスがありません^^

それに素材も丈夫な感じで長持ちしそうですよー。

ヤマハのコクーンルームチャイルドシートじゃない自転車にも、ぜひぜひおすすめします。

それではまた!

こちらの記事もよく読まれています

後ろ乗せリアチャイルドシートには、こちらのレインカバーを使っています。

check>>自転車後ろ乗せチャイルドシートのレインカバーは畳んでつけっぱなしが便利☆

使わないときはくるっとまるめて後ろにくっつけておいて、雨が降ったときだけバサーっとスピーディにかけられるのでとっても便利です。(しかもお安い…)




今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

※コメントは承認制になっていますので、すぐには反映されません

コメント内容にまちがいがないかご確認のうえ、投稿ボタンを押してください


こちらの記事も合わせてどうぞ

サブコンテンツ

このページの先頭へ