[記事公開日]2015/11/16
[最終更新日]2017/01/05

下鴨神社で七五三*食事は京都駅「浮橋」で子どもメニューにも大満足

スポンサーリンク

こんにちは、はみるのです☆

先日、3歳の娘が無事に七五三を終えました。

大きな怪我も病気もせず、ここまで大きくなってくれたこと、しみじみ幸せだなあと思います^^

七五三の由来を前に調べてビックリしたんですが、昔(起源は平安時代)は乳幼児の死亡率がむちゃくちゃ高くて、3歳まで生きられるのはすごいことだったんだそうです。

そのお祝なんですね。

いや~それを聞くと、なお感慨深いです(* ̄ー ̄*)

御祈祷はお宮参りと同じ下鴨神社で(駐車場・祈祷料・写真)

せっかく京都に住んでるからと、お宮参りに選んだ由緒ある下鴨神社。

今回の七五三も同じところで。

残念ながら紅葉はまだ先。
でも、緑の木々に立派な朱色の建物が映えて、とてもおごそかな雰囲気でした。

下鴨神社で七五三

御祈祷(御祈祷料)

一人5000円です。

本殿の右側にある御祈祷受付で、簡単な申込書を記入して、控室に入ります。

控室は暖房が効いていて、ここでは写真撮影OK。

でも、御祈祷中は一切の撮影禁止です。(おごそかです~)

時間が早めだったこともあって、すぐに御祈祷してもらえました。

時間にしたら15分くらい?

うちの家族と合わせて2家族(どちらも3歳?)でしたが、子供たちも集中力も途切れずとってもおりこうに、まわりを真似て頭を下げたりしてましたよ~。

おみやげ

終わった後は、娘の一番お楽しみだったおみやげ☆

なんせ「七五三はでっかい飴がもらえる日」と認識していましたから。笑

↓飴にがっついてる娘

千歳あめ

内容は、

千歳あめ
紙風船
クレヨン
お絵かき帳
御守り

でした。

下鴨神社で七五三おみやげ

ちゃんとオリジナルキャラ。笑

下鴨神社七五三おみやげ

下鴨神社では、お宮参りの時も立派なお食い初めの食器をもらえたので、けっこう豪華なイメージ☆

神社での写真(料金)

我が家は今まで行事の時に、ちゃんとした写真館で撮ってもらったことがないんです。

ケチってるわけではないんですけど、スナップ写真でも十分満足しているというか^^。(そのうち家族写真は撮りたいと思ってるんですけどね)

でも、神社で「写真撮影」と看板が立てられているところがあったので、試しにのぞいてみると…

1カットで1万円超えで驚愕…!(゚v゚;ノ)ノ

すみません、ショックで正確な値段は覚えていません。。。

駐車場

お参りした11月14日は、ザ・七五三の週末である土曜日でしたが、神社の駐車場にスムーズに停められました。

着いたのが9時45分頃と早めだったのもあるかな?

お参りが終わった10時15分くらいには、ぞくぞくと七五三らしき家族がやってきていたので、混雑期は早めが安心ですね^^

当日は小雨が降ったり止んだりで、駐車場のおじさんが、「濡れないように一番近いところがいいよ、こっちこっちー」と笑顔で案内してくれて、とてもほっこりした気持ちになりました。

こういう風に心が入った働きをしている人に出会うと、1日がさらにいいものになりますよね。感謝♪

スポンサーリンク

 

小物だけレンタルはあきらめて、七五三は貸衣裳で安く手軽に

お宮参りの時は、私が子供の頃の着物を着てたんです。

七五三もそれを使おうかなと思ってたんですが、草履、足袋、長襦袢などの小物類がない…!

草履や足袋なんかすぐにサイズアウトするし、買うのももったいないな~といろいろリサーチしながら悩みました。

小物だけレンタルってできないのかな?って調べてみたんですけど、ほとんど全身のセットなんですよね。

しかも、値段もそんなに高くない!

それならもう全部借りちゃおう~!と思って、すぐにポチっと手配しました。

我が家が使用したのは、こちらのレンタル着物屋さん。

晴れ着の丸昌

使用予約日の2日前に届いて、使った後は翌日の午前中に返却。

写真がなくて申し訳ないのですが、着付けのクリップや帯、バッグ、髪飾りまでセットになっていて完璧!

デザインもめっちゃかわいかったです!(古風な柄が好み)

七五三レンタル着物

しかも、整理整頓のしやすいケースにそれぞれをおさめて、指定の宅配業者に電話して取りに来てもらうだけ。

クリーニングの手間もなく、私が借りた着物はトータルで税込9000円台でした☆

これはかなりオススメです♪

七五三の食事会はグランヴィア京都「浮橋」で

はじめ下鴨神社の近くでランチをと探したんですが、場所や料金などしっくりくるところがなく…(高すぎたり)。

なので、もういっそのこと自宅近くまで戻ってきちゃおうと思い、京都駅周辺で探しました。

そこで決めたのが、日本料理「浮橋」

とにかく電話応対の感じがとてもよくて、夫ともうここに決めようかと。(やっぱり印象って大事ですね^^)

個室も聞いてみたんですが、一人当たり10500円以上とのことだったのでやめておきました^^;

人気だというお昼のメニュー「花籠」3500円もあったんですけど、親ができたら籠盛りより高くなくていいからコースがいいなぁという希望だったので、最終的に

大人は5000円の会席、子供用お祝メニュー3000円を。

これがもう本当においしくて、おいしくて…!

↓大人のお品書き

「浮橋」お品書き

↓サーモンと蕪のいくら焼

京都で七五三食事

↓清汁仕立てのかにしんじょう

京都で七五三食事

子供メニューは普段のレストランでよくある感じじゃなく(当たり前か)、ちゃんと繊細な味の海老芋まんじゅうみたいなのもありました。

七五三お子様メニュー

どんだけ上等なの?!っていうすきやき肉みたいなのは、娘もバクバク食べてました。

ていねいに握られた俵型の塩おにぎりも、お米がピカピカ☆

少食な娘なのに、かなりの量をすすんでたいらげました。
やっぱりおいしいものはおいしいのね。笑

個室じゃないので他にもお客さんがいましたが、特にガヤガヤもせず落ち着いた雰囲気で楽しめましたよ☆

サービスでお店の方が1枚全員の集合写真を撮って、できたものを帰るまでに渡してくださいました。こういうの嬉しいですよね♪

また、何かの機会に使いたいなぁと思うお食事処でした^^

なんだかんだで滞りなく楽しい七五三でした

いつもいけないと思いつつも、直前にバタバタ決めてしまいがちな私たち夫婦。

着物レンタル、食事の予約と慌てましたが、最終的にはとてもいいところを選んだなぁと大満足です☆

食事の場所に向かう時に、娘が車酔いでもどしてしまうというアクシデントがあったんですが、その前に着物を脱がせていて危機一髪でした^^;。

みなさま、終わった後はそこそこで着物を脱いで、リラックスした格好でお食事に行かれることをおすすめします^^

これから七五三という方に、少しでも参考になれば嬉しく思います。

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ