[記事公開日]2014/04/27
[最終更新日]2017/06/30

シャンプーを最後まで使い切りたい!詰め替えにはダイソーの「残さず使えるポンプボトル」

スポンサーリンク

なくなりそうでなかなかしぶとかったコンディショナー。

お湯入れてシャバシャバして、やっとこさ使い切りました。(あれ?まだいけんじゃない?とどんどん薄くなる悪いクセ…)

なので頑張って詰め替え補充~。

って、詰め替え入れるくらい普通のことなんですけどなかなか苦手なんですよね…、この作業。

「最後まで絞り出すぞ~」と「はやく一気にやってしまいたい!」という気持ちがせめぎ合いで、端から巻いて絞ろうとしたり、でもぎゅーっと強引に押したり。

洗面台のふちとか不安定なところでやるもんだからバランスくずしてはみ出たりして、結局こんなもんかなーなんて96%くらいの絞り出しでフィニッシュ。(情熱足りず)

でもただ補充しただけなのに、1個家事した!みたいな達成感を勝手に感じます。笑

ダイソーの「残さず使えるポンプボトル」

我が家の詰め替えボトル。

残さず使える ポンプボトル

以前、無印のものを使っていたのですがどうしてもポンプ部分の黒い汚れが洗えず
もう買い替え時かなという時に見つけたもの。

ダイソーの「残さず使えるポンプボトル」(汚い写真ですみません…!)

ダイソー 残さず使えるポンプボトル

ラベルだけは無印を… 笑

無印のものはデザイン的に申し分なかったんですが、
ポンプ部分が底の方まで届かない長さだったので
まだかなり残ってるうちから毎回フタをあけてポンポン出すのがストレスでした。

でもこちらは底が円錐状になってるのでほぼ最後まで使えます。(写真撮るのって難しい… 左手プルプル…)

残さず使える ポンプボトル

粘度がすごく高いものとかは少し出にくいかも?(高級コンディショナーのイメージ)
最後はやっぱり少しお湯足すといいと思います◎

難点はというと、一見ネジ式(どういったらいいのか)みたいに底の受ける部分が固定できるのかと思いきや、本体持ち上げようとするとパコっと取れてしまいます。汗

持ちあげる時は底のパーツの部分をしっかり持って。ここがしっかり固定されたら完璧なのにな~ 惜しい…!

でもけっこう前に買ったから改良されてたりして?!今度ダイソーに行ってチェックしてみよう。

機能性だけでなくおしゃれな空間が理想ですが…

全体図。
残さず使えるポンプボトル

ほんと写真アプリのおしゃれフィルター様様だわ~。

オルビスのクレンジングはずっと使っていて、これはデザインがめずらしく気に入って買った限定ボトル。

あとはリーフ&ボタニクスの洗顔フォーム。成分もさることながらはっきり言ってパケ買い要素強し!

ゼラニウムの香りがめちゃくちゃ癒されます~。(この香りは女性のホルモンバランスを整える効用があるとのこと)

しかしこれは一緒に買い物に行ってた母がたまたま買ってくれたもの。
私にとってはすこーし贅沢品(洗顔にしては)なので、次回も同じの買うかはまだ未定…。

安いのに変えることになってもパケデザインを重視して決めるつもりです。

とか言っておいて…!

引きの全体像これ。

母がいいわよーと実家帰った時に残りを持たせてくれたLUXの「シャンプー(母達筆)」や、パケ買いの余地なしの夫ひげ剃りフォームなどが鎮座しております。

結局、ほどほどのこだわりなのでした。

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ