[記事公開日]2014/09/09
[最終更新日]2016/04/06

羽仁もと子家計簿2014年途中経過*クレジットカードなど予算オーバーしすぎだけど頑張る!

スポンサーリンク

羽仁もと子家計簿

羽仁もと子案家計簿をつけ始めてからの途中経過を書いてみたいと思います。(もう半期なんかとっくに過ぎてるけど…!)

今までの家計簿関連の記事はカテゴリ(→こちら)でまとめているので、よろしければごらんください。

とにもかくにも予算オーバーしまくり!!泣

それはもう目をそむけたくなるほどの数値です。。。こんなマイナス続きな数字を見て、投げ出さず家計簿つけてる私ちょっとエライかもです。(もう自分ほめとく!泣)

ただ予算的に抜けがあっただけのところと、100%不測の出費どちらもあるんですが赤字の内訳について一緒にまとめてみます。

主食代、思いのほか娘の分もかかる

予算に組んでいたより食パンや麺類の主食費がかさんでいます。

というのも前年の結果で組んだから当たり前ですね。今の方が食べるから。
スコーンとこのへん抜け落ちてました。

おいしく食べて健やかに育っておくれよ。

連休・イベントでの外食費・ビール代が思いのほかかかる

羽仁もと子案家計簿では外食費は主食費に、ビール代は調味料費に含まれます。

ビール代は月1ケースで予算組みしていたのですが、夫のお正月休みと、ゴールデンウィークの連休で思った以上に買い置きのビールが減りました。

それと1ケースだけ買ってなくなったら自分で買ってというのが当初の決まりだったんです。

でも、おこづかいも少なく、好きなビールさえ奪ったらあまりに日々仕事に忙殺されている夫がかわいそうだなと思い、なくなりそうになったら買い足すという形になりました。

今のところ普通の月は1カ月1ケース半くらい?かな。
だからその半ケースはみ出た分も月々の予算オーバーに積み重なっていきます。

あと、外食費は月々のものと(少額)と年2回のボーナス時を予算に組んでいたのですが、お互いの誕生日月の外食費を甘く見ていました。

というのも、お互いお酒が好きで(私は多くて3杯くらいだけど)ごはん食べに行くといったら、1人ひとメニューで食べるようなところではなく居酒屋なんです。

だから1回行くだけで気をつけながら頼みつつも、どうしても月々の外食費予算は越えてしまうんですよね。(月々の予算はランチや、マクドといった高くないところ)

そしてやはり連休に1度も夜の外食に行かないというのはきついものがありました。
私も羽伸ばしたいし、夫もたまの大型連休くらい呑みに行きたいとなって…。

えぇ、行きました。(開きなおり)

なので、お正月休みとお盆にそれぞれ居酒屋行った分がそのまま予算オーバーになってます。

来年はそこも含めて慎重に予算組みしたいと思います。

夫のカード代が知らぬ間に積み上がっていた

スポンサーリンク

 
夫の月のおこづかい(夫のお給料でやりくりしてるので、この言い方は好きじゃないんですが…)は毎月振り込みにしていました。

夫は全額じゃなくちまちまお金をおろす人なので(手数料かかりまくり)、買い物の時に手持ちがなかったり、給料日前でおこづかいが足りなかったりで最初はカードを切り始めたんだと思います。

そして、そのカード代は給料日後すぐに夫のおこづかい口座から引き落とされるから、またその月のおこづかいが足りなくなる。

それでまたカードをきるの悪循環。

前々からリボ払いとか信じられないよねって話はたまーに出てたからまさかないだろうと思ってたら、そのまさかだったんです!!

額はめっちゃくちゃは大きくなってなかったけど(月々の家計にとってはめっちゃ大金)、今の時点で気付いてよかったというレベル。

その時は泣きそうなくらいへこみました。

日々、家計が~と言ってる私に言いにくかったとか。
いや、そこ気をつかうところまちがってるから!笑

昔から派手な買い物はしないけど、ちょこちょこが積もって大きな額を使ってるというのに気付かない根っからの浪費体質。

コンビニとかの支払いもほぼカード払いになってしまってました。しかも、利用明細が届いても確認しないっていうのが重症…。

これは今のうちにどうにかしないとってことで、かなり私が真剣に怒り(怒るというか泣きそうで力が出ない感じだった)家の貯金から精算しました。

そしてとりあえず現金しか使わないで!と約束してもらいました。

カードを取りあげられたら一番いいんですけど、中間管理職という立場上どうしても急な出費はあるだろうということで楽天のカードを持ってもらっています。(それは使うと私の携帯に後で使った内容が届く)

もう1枚会社名義のカードは解約できないということでそのままにしてますが、今のところ使った形跡はないから引き続き経過観察…。(キッ!)

夫の仕事にやたらとお金がかかる

なんか重複してますが…笑 (笑いごとじゃないけど、つけてみた。テヘ。)

もうひとつ大きな額を精算するハメになったのは、夫の通信費です。

夫は仕事上、ガラケー・スマホ・タブレットの3台持ちです。なので、一般家庭より通信費が突出して高いです。
それなのに会社からの微々たる通信費が今年はじめにカットされました。(ナゼ)

そのうえ、某キャリアの携帯電話を使ってるのですが、無料通話時間帯以外と気付かずこちらからかけた電話で、長々と仕事の相談にのってしまったことが何回もあったんですね。

その請求額、なんとちょっとした家の家賃並み!(通話代、電話、タブレット合わせて)

しかもそういう理由で高かったのは1回だけではなく…。
なんか悲しくて涙も出ませんて感じですね。(いや、出たけど 笑)

それももちろん家の貯金から精算しました。(夫のおこづかいで払ってもらってもまたどこかへしわ寄せがいくだけなので)

他にも会社関連の呑み代、たまのタクシー代、帰ってこれなかった時の食事代、寝るための漫画喫茶代など。

最近残業代もカットされたというのに、働けば働くほどお金が出て行くという…。
そして朝早く、夜遅くで夫は日々ぼろ雑巾のようです。

ここまで読まれた方は「え!なんで転職しないの?」って思うかもしれませんが、今転職していちからやり直すには頑張って積み上げてきてこの役職まできたって感じなんです。

本人にもそれがあって、今は何もかもうまくいかずスランプでどん底のような辛さみたいですが投げ出すのはいやだと。

夫は今までもまわりの人や状況に関係なくまじめに自分の持てるすべての力を出して頑張ってきたので(私からは出しすぎのように思う…)、大殺界終わった~!!☆って感じでそのうちスコーン!!と抜ける時を信じていたいと思います。

まとめ

最後は愚痴みたいになってしまいました、不快にさせてしまってたらすみません…。

でも、食費は見事なまでに予算内にまとまってるし(一般家庭の平均よりかなり低い。追々標準レベルまで上げるのが理想)、その他の費目の予算立てはまずまず。

夫関連で今年は膿を出しまくってる感じなので(夫の仕事の状況としても)、きっとこの時期をくさらず辛抱して乗り越えたら平穏な毎日がくるはず!だと信じています。

じゃなきゃ、やってられん!!笑

おはずかしい我が家の家庭事情をさらすのはこのブログには必要ないかなと迷ったんですが、後に「こんな頃もあったよなぁ!アハハ!」と自分たちが笑えるように願いを込めて ババーン と書いちゃいました。

お目汚し申し訳ないです…。。。汗

しかし、こんなに悲惨なありさまですが羽仁もと子案家計簿で収入・支出ともにものすごくクリアになっています。

なのでつかみどころのない不安というのはないです。がっちりつかめる不安。笑

でもつかめるからこそ、絶対に対処できる!って思います。(ガンバレガンバレ)

今、私の頭の中でよく唱える言葉は、使わなきゃ減らないです。

何も買わないってわけじゃないんです。
でもこう思うだけで、おもしろいくらい今の我が家にとって使っていいところ、駄目なところがハッキリします。

・化粧品とかもよさそうなものをじっくりリサーチしておいて、今のをちゃんと使いきってから買う。

・娘のおやつはたまに手作りのものもはさむ。

・出来合いのものより、低コストで常備菜を作る。

・夫の仕事関連で内容によっては必要経費だと割り切る。

などなど。もちろん人との関わり合いに出て行くお金はまったくもったいないと思わないし、惜しみません!(無駄遣いという意味ではなく)

でっかい夢だけはあるのですよ。むふふ。(とりあえず字をでっかくしてみた♪)

羽仁もと子案家計簿おすすめですよ~。引き続き頑張りますよ~☆

今回は予算オーバーについて書きましたが、家計簿の付け方でちょっとわかりにくくてなおしたいところなんかを今度書きたいなと思っています。

よかったらまたのぞきにきてやってくださいませ~。

羽仁もと子案家計簿をつけるのに一番参考にした雑誌はこちら


かぞくのじかん 2011年 09月号

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ