[記事公開日]2014/12/11
[最終更新日]2017/05/26

Groony(グルーニー)着る毛布の効果的な使い方と、洗濯した後の肌触り

スポンサーリンク

おはようございます、はみるのです。

更新がまたまたあいてしまいました、すみません…。
自分の思考がとっ散らかっています。最近サボリがちなメモ化(記事はコチラ)をまたやらなくてはっ!

さてさて、最近ほんと寒いですね!
いよいよ冬本番な感じです。

先日購入してから大絶賛しているグルーニー着る毛布ですが、冬本番を迎えてやっとその使い方が定まりました。

着る毛布はめちゃくちゃあたたかい!でも「一日中暖房いらず!」は意気込みすぎた

11月に買った着る毛布、一度羽織ってそのあたたかさに感動…!

関連記事:
「こぼす!」「汚れる!」小さな子どもがいる家のこたつ問題*groonyグルーニー着る毛布

2歳の子どもがいる我が家でコタツを使うのは不安があったけど、これで今年の冬はコタツは出さずに済む!コタツ問題一件落着!

…とはなりませんでした。

集合住宅・東南角部屋の我が家は日当たりがよく、昼間はほぼ暖房器具なしで大丈夫です。

しかし、冬本番ともなると朝晩の冷え込みは予想以上!

エアコンの設定温度ひかえめの中朝食を作り、さぁ食べようと席につく頃には、冷え症の私の体はかなり冷え冷え…。そうなると、着る毛布を着てもぬくもるまでが寒い…。

着る毛布を買ったことで、コタツだけでなくエアコンもほとんど使わず暖房費を節約しようと欲張っちゃったけど、ちょっと頑なになりすぎたかな、と。。。

結果、こたつは例年通り出すことにしました

最後まで迷ったけど、結局こたつを設置!理由は主に2つ。

娘が飲み物をこぼさなくなった

毎日のように娘が牛乳をこぼすと決めつけていたけど、最近それが激減。もうちょっと娘の成長を信じてあげていいかな?

仕事から帰ってきた夫が寒そう

仕事の帰りが毎晩遅い夫。

すっかり冷え込んだ夜の道を帰ってきてから、シャワーは浴びるにしても(うちは追いだき機能なし)そこまであたたまらない。

それなのにホットカーペットどころか、ただのカーペットも敷いてないフロアマットだけのリビングでこたつなしは寒くてかわいそうな気がしてしまって…。

去年までは朝脱いだまま冷たくなった部屋着をこたつの中に入れてあたためてあげたりしてたし。(気が向いた時には 笑)

疲れて帰ってきた時、やっぱり家はあったかいと感じてもらうのは大事だなと。

朝昼晩、寒さや動きの程度に合わせて暖房器具を使い分け

暖房器具をつけたり消したり、着る毛布を羽織ったり脱いだり。
そんなこんなで、今はこんな感じ↓に落ち着きました。

寒い朝、室温が低すぎるとキッチンで朝食を作るにも、ガタガタとふるえてしまって体が動きません。

なので、とりあえず設定温度を20度以上にして部屋全体をあたためてしまうことに。そしてコタツは弱でスイッチオン。

それからグルーニー着る毛布を2着買っていただいたおまけのブランケットを羽織って朝食準備開始。けっこうこれ重宝♪肩と背中は羽織った途端ぽかぽか。

グルーニー着る毛布11

朝食ができたら、着る毛布を着てコタツに入ります。
着る毛布+コタツなら、温度設定は弱でも十分ぬくぬく。足からあたためるのが効率的。

というか、着る毛布を羽織ってたらコタツの設定を強にしても違いがあんまりわかんない。笑 (足元まで覆われているので)

これはコタツを最強にして使いたがる夫も言っていて、「常に弱でいいね」って。
一度あたたまったらその時点でコタツを切ってしまっても、あたたかさがけっこう持続するので大丈夫。

食べこぼし対策として、娘が食べたり飲んだりする時だけコタツの天板を娘の胸元の方へ少しずらして、こたつ布団は天板より出ないように押し込んで。笑

グルーニーこたつ

今のところこれで問題なしだけど、安くてうすいテーブルクロスみたいなのあったらさらに安心かな。

天気がいい日はリビングは暖房いらず。
曇りや雨の日は途端に寒くなるので、エアコンのスイッチをオン。

家の中にいる時には娘の遊びに付き合うので着る毛布は羽織れず。(引きずるレギュラー丈なので)

↓上から見下ろした図

グルーニー着る毛布7

そのため設定温度はだいたい20度以上。
でも、雨じゃない限りはプレイスペースなどへお出かけするしエアコンあまりつけなくて済む)

朝と一緒で家事がたくさんある時間帯なので、動けない。

でも天気がいい日は日中部屋があたたまって、夜の家事を済ますまで暖房をつけなくていい時もある。夜ごはんの時はコタツは弱でつけたり、その時々で。

湯冷めをしないように、お風呂に入る前にはエアコンを入れて設定20度以上にしておく。

寝かしつけた後

ここからは、テレビの録画を見たり、家計簿つけたり、パソコンしたり、ほぼ動かず過ごすので着る毛布出動!エアコンはもう切って大丈夫。コタツはつけても弱。

夫が帰ってきたらまずシャワーを浴びてちょっとあたたまるので、コタツは弱のまま。
ごはんを食べたら夫はすぐ着る毛布を着てくつろぎタイム。

私が先に寝る時に夫が寝落ちしかけていたら、声だけかけてコタツのスイッチはここで切っちゃいます。
着る毛布で凍えることもないし、暖房費もかさまずOK。(着る毛布が気持ち良くて、また寝落ちしやすくなっちゃってる? 笑)

番外編

おでんなどの煮込み料理。

少しぐつぐつ煮込んだら火を止めて、余った新聞紙や広告でくるんでから、さらに着る毛布でぐるぐる。

するとめっちゃくちゃ味がしみて、エコに調理できますよ~☆

グルーニー着る毛布 使い方

羽毛布団で寝る時の着る毛布の使い方

スポンサーリンク

 

グルーニー着る毛布のショップの説明では「着る毛布を前後ろ反対にして羽織って寝るとはだけなくてあたたかい」とありますが、羽毛布団の場合ちょっと違うみたいです。

以下、オムロンのねむりラボより

暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。
羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。

グルーニー布団

実際に着る毛布を下に敷いて寝てみました。

うーん…、羽毛布団の上にかける方があったかい?
下に敷くと体がスースー。

個人差があると思いますが、私はかけ布団の上に着る毛布をかけて寝ようと思います。

着る毛布は問題なく洗濯できる

ショップの説明では洗濯機で丸洗いできるとあります。

でも、この毛布の売りであるほわっほわの肌触り。それが失われるんじゃないかとちょっと心配でした。

とはいっても寝る時にも使用していて、そのあたたかさに夫は寝汗かきまくりです。笑 

洗濯しないとさすがに不衛生だぞ、とおそるおそる洗濯機に。おしゃれ着洗濯用洗剤(今回はエマール)使用で、手洗いコース。つまり脱水はいつもより短めで、水ボタボタじゃなくなる程度で止めておく。

そして物干しざおに袖を通して干しました。(1本まるまる占領)

その結果、、、

肌触り変わらず
ほわっほわっでした。

ひと安心☆

毛布の洗濯を調べてみると、あまり直射日光にさらしすぎると肌触りがかたくなってしまうみたいです。なので、陰干しが一番いいのかも?

静電気防止機能もそのままでした!

お洗濯してすっきり~。
お気に入りの柔軟剤なんか使うと、さらにほわほわ~んと幸せ度がアップしそうです。

結果、グルーニーの着る毛布はまちがいなく買ってよかった

夫婦ともども、もうこのグルーニー着る毛布なしの冬は考えられません。

ふわふわウットリ。
夜に羽織ると、今からゆっくりした時間を過ごそうっていう気分の切り替えにもなってます。

コタツは結局使うことにしたけれど、エアコンも含め暖房費は去年に比べかなりの節約効果が期待される!

なにより毎度コタツで寝落ちして朝を迎えた夫を見ても般若のような顔にならずに済むこと

これが一番の収穫でした。いひひ。

それではまた☆

スポンサーリンク



今回の記事はいかがでしたか?

質問・感想など、どんなささいなことでもかまいません。

気軽な感じでメッセージいただけると嬉しいです♪

サブコンテンツ

このページの先頭へ